観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

国難退散の「敵国降伏」 筥崎宮楼門/福岡

日本を守った祈りの地

「敵国降伏」―。福岡市東区の筥崎宮の楼門に掲げられた扁額に記された文字だ。文永の役時に炎上した社殿を復興する際、当時院政を行っていた亀山上皇が天皇直筆の書状「御宸翰」を納め、現在の扁額はこれを謹写拡大したもの。国難退散へ祈りが込められ、その祈りが通じたか、結果的に日本を守った祈りの地である。

亀山上皇は元が襲来した時に「我が身をもって国難に代わらん」と伊勢神宮をはじめ各所で国家の安泰、敵国降伏を祈願したという。東公園には元寇を後世に伝えるための記念碑として亀山上皇の銅像が立っている。

筥崎宮楼門

筥崎宮の楼門。
今は勝運を授かる宮として参拝者が多い

筥崎宮には蒙古冑や雲版、蒙古碇石など蒙古襲来ゆかりのものが伝わる。今は元軍を退散させた神風に由来し厄除け、勝運の神様として親しまれている。宇佐神宮、石清水八幡宮と並び日本三大八幡のひとつとしても知られる。

蒙古襲来750年・長崎県壱岐・松浦 旅のおすすめサイト

ながさき旅ネット 元寇の遺産を巡る【長崎県】

実りの島、壱岐 壱岐観光ナビ【壱岐市】

松恋_松浦市の観光情報サイト【松浦市】

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ