観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅
ホーム   >   今すぐにでも出たくなる旅   >   西日本

西日本

“観光新時代”の先駆け・岐阜県下呂

観光新時代の先駆け岐阜県下呂
22/06/14

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観光施策は先鋭的だ。コロナ禍以前からエコツーリズムへの取り組みを本格化させ、近年はSDGsやDX、脱炭素化など社会の要請へ迅速に対応したまちづくりを推し進めている。そのベースにあるのは温泉を中心とした自然や文化など地域資源。これらの観光素材化と保全の両立の実現を官民一体で実現させている。観光復活へ社会がいよいよ動き出した今、新時代の先頭を走るまち・下呂への旅が人の心に訴えかけるものは大きいはずだ。

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー
22/03/30

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一遇ともいえるビッグチャンスが訪れる。2023年には聖地・高野山ゆかりの弘法大師生誕1250年、24年には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」登録20周年、そして25年は大阪・関西万博と大きな話題が相次ぐ。県はこの3年間を「ダイヤモンドイヤー」と位置づけ、キャンペーンをはじめ観光振興策を続々投入。悠久の歴史、大自然と生きてきた和歌山県ならではの懐の深い取り組みで、追い風を生かした新時代の観光構築を実現させる。

安心あったか山陰個性彩りの旅

安心あったか山陰個性彩りの旅
21/11/15

冬が近づき、いよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり、山陰エリアの冬は活況が見込まれる。食と温泉、豊かな自然でぬくもりのある旅を提供できる山陰は冬こそが旅のシーズン。さらに鳥取県は「蟹取県」「星取県」、島根県は「美肌県」と地域のカラーを全面に押し出したアピールを展開。カラフルなイメージに乏しい季節に彩を灯し、安心安全であたたかい旅を演出する。

観光復活は四国一周「しこくるり」から徳島編

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編
21/10/26

全国で緊急事態宣言などが9月末で全面解除され、待ちに待った観光シーズンが開幕。もちろん感染防止策を徹底した上での旅が求められるが、観光復活の号砲は四国が告げる。10月1日に「四国デスティネーションキャンペーン(四国DC)」がスタート。地域の風土に磨きをかけ、さらに新しい時代のスタイルに対応した旅を各地で提案する。4県の魅力をまるごと感じてまわる「しこくるり」から新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅。

観光復活は四国一周「しこくるり」から香川編

観光復活は四国一周しこくるりから香川編
21/10/22

全国で緊急事態宣言などが9月末で全面解除され、待ちに待った観光シーズンが開幕。もちろん感染防止策を徹底した上での旅が求められるが、観光復活の号砲は四国が告げる。10月1日に「四国デスティネーションキャンペーン(四国DC)」がスタート。地域の風土に磨きをかけ、さらに新しい時代のスタイルに対応した旅を各地で提案する。4県の魅力をまるごと感じてまわる「しこくるり」から新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅。

観光復活は四国一周「しこくるり」から愛媛編

観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編
21/10/19

全国で緊急事態宣言などが9月末で全面解除され、待ちに待った観光シーズンが開幕。もちろん感染防止策を徹底した上での旅が求められるが、観光復活の号砲は四国が告げる。10月1日に「四国デスティネーションキャンペーン(四国DC)」がスタート。地域の風土に磨きをかけ、さらに新しい時代のスタイルに対応した旅を各地で提案する。4県の魅力をまるごと感じてまわる「しこくるり」から新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅。

観光復活は四国一周「しこくるり」から高知編

観光復活は四国一周しこくるりから高知編
21/10/14

全国で緊急事態宣言などが9月末で全面解除され、待ちに待った観光シーズンが開幕。もちろん感染防止策を徹底した上での旅が求められるが、観光復活の号砲は四国が告げる。10月1日に「四国デスティネーションキャンペーン(四国DC)」がスタート。地域の風土に磨きをかけ、さらに新しい時代のスタイルに対応した旅を各地で提案する。4県の魅力をまるごと感じてまわる「しこくるり」から新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅。

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代
21/08/26

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつある。祈りの聖地・伊勢神宮を擁する三重県伊勢志摩地方でも安心安全な観光地づくりへ徹底した取り組みが地域一丸で進む。どんな環境下でも悠久の歴史のなかで築き上げられた地域の魅力は不変。ここに新しいもてなしを掛け合わせ、新しい伊勢志摩観光が磨き上げられようとしている。青い海、輝く緑、そして信仰文化。“天地混沌”の今こそ、聖地の旅から新しい時代のドアを開けよう。

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅・福井あわら編

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編
21/08/02

北陸新幹線開通以降、今や首都圏からも湯どころとして認知度が高まった北陸。コロナ禍の今、温泉の癒やしは旅行者垂涎の的だ。石川県と福井県では、飲食店や宿泊施設を安全・安心に利用できるよう「新型コロナ対策取組宣言」を実施している。県の依頼を受けた旅行業協会会員らが施設を訪ね、70項目にも及ぶチェックを行い、それぞれ「いしかわ新型コロナ対策認証店」「ふくい安全・安心飲食店認証制度」の認定証を手渡し、観光客を受け入れる万全な体制を敷く。今回は“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井あわら温泉の魅力にスポット。未だ制限付きながらも徐々に旅再開となるこの夏は北陸で癒やしを得たい。

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅・石川山中編

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編
21/07/29

北陸新幹線開通以降、今や首都圏からも湯どころとして認知度が高まった北陸。コロナ禍の今、温泉の癒やしは旅行者垂涎の的だ。石川県と福井県では、飲食店や宿泊施設を安全・安心に利用できるよう「新型コロナ対策取組宣言」を実施している。県の依頼を受けた旅行業協会会員らが施設を訪ね、70項目にも及ぶチェックを行い、それぞれ「いしかわ新型コロナ対策認証店」「ふくい安全・安心飲食店認証制度」の認定証を手渡し、観光客を受け入れる万全な体制を敷く。今回は“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制限付きながらも徐々に旅再開となるこの夏は北陸で癒やしを得たい。

西日本 特集アーカイブ

今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ