観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新特集

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える山々に囲まれている自然豊かなまちだ。日本三名泉の一つで、県内を代表する温泉地でもある下呂温泉が際立つ観光資源だが、今、エコツーリズムの名のもとに地域性豊かな取り組みが本格化しつつある。豊かな自然を生かしたアクティビティ、古来より人々の往来が盛んな街道沿いのまちとして栄えた歴史文化、そして人々の営み。市内を5つのエリアに分け、各エリアの魅力ある素材を掘り起こすとともに、商品開発や集客にマーケティングとマネジメントを採り入れたE―DMOを推進、日本ならではのエコツーリズムとして高評価を得ている。今年11月には「全国エコツーリズム大会in下呂」も開催。下呂市エコツーリズム推進協議会の瀧康洋会長(水明館)の話も交えて、下呂市の今にスポットを当てた。(20/12/11)

今だからこそ行く蘇りの地、わかやま

今だからこそ行く「蘇りの地、わかやま」

20/11/10

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの回復を目指す...

花火、温泉—コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

花火、温泉—コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

20/07/10

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日から県の越境...

天草の古都熊本苓北をゆく

「天草の古都」熊本苓北をゆく

20/03/11

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に近く、キリス...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

「麒麟がくる」明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県岐阜市編

20/01/08

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で道三に従い、の...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

「麒麟がくる」明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

20/01/06

大河ドラマ59作目にして初めて、戦国期に金字塔を打ち立てた織田信長を討った男、明智光秀を主役として描かれ...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

19/11/05

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月31日まで。新潟で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ