観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「どうする家康」歩みをたどる天下人紀行・静岡県浜松市編

「どうする家康」歩みをたどる天下人紀行・静岡県浜松市編

ひとりの弱き少年が、戦乱の世をいかに生き抜き、天下人にまで上り詰めたのか―。今年の大河ドラマ「どうする家康」は、戦国の英雄、徳川家康の生涯に迫る。一大名として歩みだした徳川家康は浜松の地で青年・壮年期を送る。苦難を強いられるなか、天下取りへの地盤を築いた地であり、のちに"出世城"と呼ばれる縁起のいい地となった。静岡県浜松市には浜松城を中心に市内広域にわたって家康の足跡が残り、大河ドラマ館を交えた旅のラストは浜名湖かんざんじ温泉で疲れを癒す。そんな浜松が演出する歴史紀行で天下人の地力を育んだ風土に身を浸したい。

浜松城

天下取りへ地盤―家康“出世”の街 浜松城周辺のゆかりの地を訪ねて

23/01/12

“家康の散歩道”たどる 城郭と神社群 徳川家康が浜松城に入城したのは1570年、29歳の時。以降、1586年に駿府城に移った45歳まで青年・壮年期の17年間を過ごしたが、三方ヶ原の戦いで敗戦するなど苦難の時だった。しかしその苦悩のなか...

どうする家康 浜松 大河ドラマ館

「どうする家康 浜松 大河ドラマ館」1月22日にプレオープン 本番は3月18日から

23/01/12

「どうする家康」と出世城を紹介 「どうする家康 浜松 大河ドラマ館」は浜松市中区の浜松城東、元城小学校跡地に3月18日にグランドオープン。これに先駆け1月22日にはプレオープンする。ドラマや浜松城について詳しく紹介。出世の街・浜松が放...

三方ヶ原の戦い

三方ヶ原や犀ヶ崖 家康合戦の地探訪

23/01/12

「合戦ルート」は苦難の道 浜松家康紀行は城下町を飛び出して「合戦ルート」へ。市街地から少し足を延ばせば、家康の戦いの歴史がたどれる。 家康が大敗を喫した三方ヶ原の戦いの古戦場は城下の北、市中央部に。今は石碑が残るのみだが、ここを...

二俣城跡

家康の苦闘時代を伝える天竜エリア 激戦、愛息切腹の地

23/01/12

二俣城・鳥羽山城へ 浜松城周辺の次は北へ向かい、天竜区エリアを目指そう。家康の浜松時代の苦闘を色濃く伝える史跡が残る。家康の物語をたどる上で欠かせない地だ。 二俣城跡と鳥羽山城跡は、天竜川に面する天然の要害に築かれた山城。三方ヶ...

龍潭寺

浜松生まれの徳川四天王の筆頭・井伊家本拠地「井伊谷」を訪ねる 「おんな城主 直虎」舞台

23/01/12

龍潭寺や井伊谷城跡へ 二俣城から西へ、浜松市北区井伊谷(いいのや)は浜松生まれの徳川四天王の筆頭、井伊直政の井伊家の本拠地。2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台になった。主人公直虎と井伊家にまつわる物語を、この機会にもう一...

かんざんじ温泉

家康紀行の宿泊拠点―かんざんじ温泉 エンタメ施設が充実

23/01/12

市内ぐるっと、最後は温泉で癒しを 浜松家康紀行もいよいよ佳境。旅の疲れは浜名湖かんざんじ温泉で癒そう。雄大な浜名湖を眼前に、温泉入浴と美食、遊び。家族・グループ、団体でゆったりと、そして賑やかに旅の夜を楽しみたい。 かんざんじ温...

浜松パワーフード

家康の舌も満足? 浜松の食 浜名湖3兄弟に餃子、みかん、牡蠣

23/01/12

「浜松パワーフード」の強さを味わう 自然豊かな浜松市の食は、大名として伸び盛りの徳川家康の舌も楽しませたことだろう。今も全国に轟くビッグネームから地元自慢の味わいまで個性豊かなラインナップで旅人の心を打つ。 浜名湖がドンと鎮座す...

今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ