観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

DC直前の福岡・大分「大福旅」 世界遺産×アニメの聖地×温泉(2)

日田の風情と別府の温泉情緒

江戸時代は天領だった大分県日田市。豆田町など歴史あるたたずまいを残す町並みがホッとさせる。今、新しいスポットが海外からの観光客も呼び込んでいる。全世界での単行本累計発行部数が1億部を突破した大ヒット漫画「進撃の巨人」の作者・諫山創(いさやまはじめ)さんの故郷が日田。大山ダムには進撃の巨人の登場人物の銅像が建立されファンが聖地巡りに。「進撃の巨人inHITA」である。

進撃の巨人inHITA

日田市の大山ダムにある
「進撃の巨人」のモニュメント

作者の父と幼馴染みだという地元の蔵出し味噌醸造元の代表・原次郎左衛門正幸さんは「クラウドファンディングが何のことかもわからんでしたが、アッという間に目標額が集まりました。進撃の巨人のおかげで年間20万人もの観光客が訪れ、コラボ商品のサイダーも売れています」。

宿泊した日田温泉・みくまホテルの屋上露天風呂から見下ろす三隅川には200年の伝統を誇る鵜飼の屋形船が停泊中。シーズンとなれば、長良川と並ぶ規模の40捜以上の屋形船が川面を往来するという。さぞ幻想的なことだろう。

旅も終盤、バス車窓から由布岳を見ながら別府温泉へ。地獄蒸し料理の昼食会場へ急ぐ。摂氏98度、100%地熱エネルギーの温泉噴気で蒸す野菜や肉、魚。別府鉄輪温泉では江戸時代から用いられていた伝統の調理法。ゆで卵の黄身もほくほくで、食材本来の旨みがあふれる。天然の恵みに感謝して「いただきます」。

別府温泉

別府温泉の地獄蒸し

22年暮れにオープンした地獄温泉ミュージアムは、温泉が生成されるメカニズムや“地獄”と称され価値が見出された別府温泉のプロセスをプロジェクションマッピングなどで紹介。地獄の噴気が勢いよく吹き上がる中庭は昔ながらの観光名所地獄めぐりの水先案内だ。

山の手にある明礬温泉の湯の花小屋を見学してタイムリミット。大型クルーズ船で別府に寄港した欧米や韓国、台湾の観光客がどどっと入場してきた。硫黄の匂い立ち込める売店で地獄蒸しプリンと温泉卵をお土産に買う。

全国一の湯量と源泉を誇る別府に来たというのに温泉にも浸からず、後ろ髪をひかれる思いで、別府駅から15時台の特急ソニックに乗り込み、小倉から新幹線を乗り継ぎ新大阪に帰ってきた。ほんの数時間前は九州にいたなんて。九州ってこんなに近かったかぁ。

(前の記事)DC直前の福岡・大分「大福旅」 世界遺産×アニメの聖地×温泉(1)

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ