観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

標高1315メートルから望む夕陽と星空 ごまさんのブランド化へ第一歩

「知る人ぞ知る存在」を新たな魅力に

ごまさんスカイタワーから望む夕景と星空を絶景スポットとして売り込もうとしているのが、龍神村の観光振興やインバウンド誘致に取り組んでいる「ごまさん夕夜景語らい協議会」。

ごまさんスカイタワーは、高野龍神スカイラインの中間点にあり、道の駅機能も備えたドライブ時に立ち寄る人気施設。高さ33メートルのタワー展望台からは紀伊山地の深い山並み、四国などの遠望が楽しめる。知る人ぞ知る存在だった夕陽の観賞や星空観測を龍神村の新たな魅力として打ち出し、村内での滞在周遊観光を促そうと本格的に取り組むことになった。

ごまさんスカイタワーから望む星空

ごまさんスカイタワーから望む星空

ごまさんの夕夜景体験は2023年度の観光庁のインバウンドコンテンツ造成支援事業に選定。名鉄観光サービス和歌山支店と海外現地ツアー専門サイトを運営するベルトラと提携し関西で特別感のある「夕夜景体験」を商品化した。名鉄観光サービスが実施した「夕夜景の名所『ごまさん』で見る夕陽&天の川星空観察ガイド付き宿泊プラン」と、ベルトラの「12月9日限定 夕夜景と星空観賞ツアー標高1315mのごまさんスカイタワーからの絶景を堪能しよう!」で、夕夜景体験のスポットとしてごまさんのブランディングに第一歩を踏み出した。

ごまさんスカイタワーから望む夕景

ごまさんスカイタワーから望む夕景

名鉄観光サービスの12月のツアーは日本人だけの参加だったが、今回実施した夕夜景体験を参考にして今後は関西で最高級のスターウオッチングを多言語対応できるガイド付き体験プランとして実現させていく方針だ。

また宿泊プラン参加者には熊野古道など地域内を回遊するよう案内も行い、滞在周遊や消費拡大につながるコンテンツを造成していくほか、秋の紅葉や冬の樹氷などシーズナリティを意識した商品開発にも取り組む。

ごまさんスカイタワー

高野龍神スカイラインの中間点に建つ
ごまさんスカイタワー

同協議会では「本事業の経験をベースに、地域の観光関係者をはじめとしたステークホルダーとの協力関係を強化するようにしたいと考えています。夕夜景体験を定番化することで、龍神温泉での宿泊が伴う滞在拠点化を推進できるよう努めたい」「地域の人々が本事業の目的を理解し、ともに参画していただくことで、選ばれる地域、高付加価値商品を販売できる可能性を探りたい」と話している。

和歌山県田辺市龍神村 夕夜景に関するお問い合わせ

ごまさん夕夜景語らい協議会
〒640-8355 和歌山県和歌山市北ノ新地1丁目25 AIG和歌山ビル5F 名鉄観光サービス株式会社和歌山支店内
電話:073-423-4975 FAX:073-423-4980

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ