観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

下呂の夜空に輝く大輪の華 花火大会が夜の定番に

「花火物語」は「悪疫退散」で開催 ミュージカルも人気

下呂温泉の夜の楽しみといえば「花火」。夏冬の「花火ミュージカル」、時節柄の祈願や祝いに花を添える「下呂温泉 花火物語」などで家族連れからカップルまで多くの人の心に感動を伝えてきた。コロナ禍になってからは「花火物語」をコロナ収束を願うスタイルに。本格的な観光復活は下呂の夜空に輝く大輪の華が告げる。

「下呂温泉 花火物語」は現在、テーマを「悪疫が退散し、平和が続く」という意味がある「天壌無窮(てんじょうむきゅう)悪疫退散」として開催中。3月までを期間としていたが、7月まで追加公演を実施している。

初代天皇・神武天皇の即位から起算した年数から毎回2681発の花火を打ち上げ。温泉街の夜景と花火が下呂を幻想的に包む。宿泊先の旅館ホテルからの観覧も可能だ。

打ち上げは下呂大橋下流から。残る日程は6月18、25日、7月2日、9日。時間は20時30分から10分間。

「花火物語」は通常、成人や節分、バレンタイン、合格祈願、お雛様、桜などをテーマに実施している。

下呂温泉 花火物語

コロナ収束を願って打ち上げられる花火

下呂を花火で一躍有名にしたのが、夏冬の人気企画「下呂温泉花火ミュージカル」。温泉街を流れる飛騨川河川敷から打ち上げられる花火が音楽に合わせて夜空に咲く一大ショーだ。打ち上げ数は1万3千発。花火ミュージカルで流れる音楽はクラシックからポピュラー、その年のヒット曲や話題の曲など多彩なことで知られる。音楽に合わせて異なる演出で花火が打ち上げられるのが見どころ。近年はコロナ禍で中止となったが、温泉地の新しい魅力創出の好例として知られる。

今年は3年ぶりに「下呂温泉まつり」の開催も決まり、「花火大会」「下呂温泉花火ミュージカル夏公演」も実施予定。久しぶりに下呂の熱い夏が帰ってくる。

岐阜県下呂 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ