観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

元寇テーマの2作品 “聖地巡礼”に期待大

話題集めるアニメとゲーム

1274年の元寇(文永の役)における対馬の戦いを描いた漫画「アンゴルモア合戦記」。たかぎ七彦が2013年にマンガ雑誌、ウェブで連載をスタートし、19年には続編として「アンゴルモア合戦記 博多篇」のウェブ連載も始まった。22年現在でシリーズ累計発行部数が170万部を超える人気作品だ。鎌倉幕府によって流刑にされた元御家人の主人公が圧倒的不利な状況下で元軍と戦いを繰り広げる。18年にはアニメ化もされている。

元寇をテーマにした架空の物語をゲーム化した「ゴースト・オブ・ツシマ」はプレイステーション対応のオープンワールドアクションゲームだ。対馬への蒙古侵攻をテーマにした内容で20年に発売されて以来、高く評価されている。一部愛好家から「2020年の最高傑作」という声もあるという。

蒙古襲来750年の今年、この2作品に注目が集まっており、“聖地巡礼”として漫画・アニメやゲームファンが壱岐や松浦へ来訪することが期待されている。

蒙古襲来750年・長崎県壱岐・松浦 旅のおすすめサイト

ながさき旅ネット 元寇の遺産を巡る【長崎県】

実りの島、壱岐 壱岐観光ナビ【壱岐市】

松恋_松浦市の観光情報サイト【松浦市】

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ