観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

海女文化のリアル伝える 鳥羽在住の海女兼写真家・大野さん、京都市内で写真展開催中

「海女の普遍的世界」 フランスとの縁

鳥羽市で海女として活躍するフォトグラファー、大野愛子さんの写真展「海女の普遍的世界」が9月24日まで、京都市左京区のアンスティチュ・フランセ関西―京都で開かれている。現役海女だからこそ写し出せる海女の世界。これがフランス政府公式の文化機関を会場に開かれるのは、近年フランスに対して海女文化をはじめ市の魅力を積極的に発信してきた市の成果といえそうだ。

鳥羽市はコロナ禍前のインバウンド隆盛期に、フランスからの来訪が多いことに着目。2019年に市長や海女がフランスを訪れ、座談会を開くなどして海女文化を発信。同年10月にはフランスから初の国際交流員が着任し、現在も今後のインバウンドの回復に向け、鳥羽の魅力の情報発信に取り組んでいる。

フランスで海女文化が興味を持たれるのは、日本文化のなかでも特殊であり、年配の女性を中心に厳しい業務に従事することが強い個性を持った女性としての憧れに映ることがひとつ。そして海女漁という環境に配慮した伝統技術がフランス人の興味と直結したこともあげられるという。

写真展開催は、鳥羽市観光課がこの関係性を具現化。現役海女で写真家という個性的なキャリアの大野さんが写し出す世界を通して海女文化について触れる機会を創出、鳥羽の魅力や歴史文化を発信しようと企画した。実際に海女が働く姿を間近でリアルにとらえた作品をはじめ32点の写真パネルを展示している。時間は10―19時。日月曜と祝日休。入場は無料。

海女の普遍的世界

大野さんの作品

大野さんは1979年東京生まれ、鳥羽市在住。写真展について「2千年前から続く海女は素潜りで漁を行ってきました。海女の仕事、暮らしは多くの人にとっては特殊な世界ですが、海女にとってはそれは普遍なのです。(今回の展示は)鳥羽の海の中の様子や、海女の事を伝えられる作品です。明日からまた楽しく過ごせるヒントが見つかるかもしれません」とコメントしている。

大野愛子さん

海女とフォトグラファーの二刀流で活躍する大野さん

三重県伊勢志摩 旅のおすすめサイト


戸田家
【鳥羽市】

鳥羽市観光協会
【鳥羽市】

鳥羽温泉郷
【鳥羽市】

福寿荘
【志摩市】

ホテル季の座
【紀北町】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ