観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

ウィズコロナのお化け屋敷登場 鳥羽市に「絶叫棺桶」、10月土日祝開催

恐怖の体験がまちの新しい魅力に

鳥羽市では10月の土日祝日、お化け屋敷イベント「絶叫棺桶―殺人漁夫の葬儀」が開かれる。コロナ禍中でも安心して楽しめる三密が回避できる特別仕様の“棺桶型”のお化け屋敷。鳥羽オリジナルバージョンの演出で鳥羽だけの新しい体験を提供する。

ホラー専門の制作会社「怖がらせ隊」がプロデュース。2021年夏には車に乗ったままお化け屋敷体験が楽しめる「ドライブインお化け屋敷」をコロナ禍で疲弊する市街地の活性化策として開催しており、今回はそれに続く企画となる。

絶叫棺桶

ポスターを見るだけでも恐怖を体感

今回は旧鳥羽ビジターセンターが会場。棺桶に入るだけでも怖いのだが、「自力では出られない絶望感の中、耳元で聞こえる声、体に触れる何か、目の前に迫る亡霊…あなたの記憶にこびりついて離れない…」とうたうように、視覚、聴覚、触覚に訴えかける演出で凍り付くような恐怖を体感してもらう。

使用する棺桶は密閉を回避する空気穴、キャストとの密接を回避するプラ板などを設置する特別仕様で、安心安全な体験を提供する。

1公演約10分。料金は1人1千円。

三重県伊勢志摩 旅のおすすめサイト


戸田家
【鳥羽市】

鳥羽市観光協会
【鳥羽市】

鳥羽温泉郷
【鳥羽市】

福寿荘
【志摩市】

ホテル季の座
【紀北町】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ