観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

市内の名峰「宍粟50名山」へ登る

氷ノ山はじめ豊かな山々

山々に囲まれた宍粟市では、アクティビティとして新たな楽しみが生まれているが、古くからの定番はやっぱり登山。市内の名峰は「宍粟50名山」と「別選5名山」として選定されており、心豊かな登山を提案している。

その代表格が氷ノ山。兵庫県最高峰として知られ、多くの登山者が訪れる。市最北端、鳥取県境に位置し、高原には市木のブナの原生林、頂上付近ではチシマザサが群生。宍粟市側は三ノ丸、標高1464メートルで、三ノ丸避難小屋を過ぎると展望櫓から美しい眺望が楽しめる。

一方、市南端では国見山。山頂展望台からは山崎エリアを一望、瀬戸内海から宍粟50名山の山々を見渡すこともできる。

国見山

山崎エリアを一望できる国見山の山頂展望台

麓には兵庫県立国見の森公園が広がる。広大な敷地内では自然環境学習に親しめ、しそう森林王国観光協会も入居するなど市の観光拠点のひとつとしての役割も担う。

国見山山頂へは、山麓から森林学習軌道「ミニモノレール」でアクセス可能。2両編成で急斜面を延長1100メートルにわたって登っていくもので、同公園のシンボル的存在だ。最大傾斜角度は約38度でミニモノレールとしては日本一の急勾配。眺望は見事ながら、実際に乗車してみるとなかなかのスリル感が味わえた。途中、野生の小鹿と出会えるなど自然をたっぷりと感じられる。

乗車料は無料。「これが無料で楽しめるなんて」と利用者からの評判も上々だそうだ。電話か総合案内所で予約が必要。

兵庫県宍粟市 観光に関するお問い合わせ

公益財団法人しそう森林王国観光協会
〒671-2558 兵庫県宍粟市山崎町上比地374(兵庫県立国見の森公園内)
電話:0790-64-0923 FAX:0790-64-5011

兵庫県宍粟市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ