観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「龍とそばかす姫」の舞台を訪ねる 仁淀川流域など

「仁淀ブルー」はやはり幻想的

7月の公開以降大ヒットした映画「竜とそばかすの姫」の舞台のモデルとして高知県各所が登場。なかでも仁淀川流域は主要舞台。青く輝く「仁淀ブルー」が物語とマッチし感動を演出する。

流域では映画を記念し様々な企画を設定。仁淀ブルー観光協議会は映画のシーンなどの「巡回パネル展」を佐川町の佐川文庫庫舎からスタート。越知町の横倉山自然の森博物館、いの町紙の博物館、土佐市ドラゴン広場でも開催。無料。

いの町紙の博物館では映画のシーンをイメージした和紙ファイル作り体験を実施。高知市のバス会社「高知駅前観光」は、アニメの舞台をめぐるセレクトプランを設定。JR高知駅から鏡川、JR伊野駅周辺、浅尾沈下橋などを訪ねるモデルプランを提案している。

高知県 旅のおすすめサイト


城西館
【高知市】

かつお船
【高知市】
この記事をシェアする
観光復活は四国一周「しこくるり」から高知編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ