観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

目玉は“星空” 四国カルスト「星ふるヴィレッジTENGU」リニューアルオープン/津野

天文台や「星空客室」

高知県津野町の宿泊施設「高原ふれあいの家 天狗荘」が7月7日、全館リニューアルが完了し「星ふるヴィレッジTENGU」として再オープンした。四国カルスト・天狗高原から眺める満天の星空をより堪能できる施設としてリブランド。地元の大自然を全身で感じ、心身の癒しにつなげてもらう。

新施設の目玉は。やはり星空。標高1400メートル超のこの地の夜は見渡す限り圧巻の美を誇る星空が広がる。天文台を設け、天候が悪い時はプラネタリウムで星空が楽しめる。

客室からも星空を眺めロマンチックに。天井をガラス張りにした「星空客室」をはじめデッキツイン、洋ツインなど6タイプの客室で星と高原の大自然のなかで体を癒してもらう。夕食は地元食材などを使った和・洋会席料理を3コース用意。ランチメニューもあり、天狗高原観光の拠点としての役割も担う。

HPはhttps://village-tengu.com/

高知県 旅のおすすめサイト


城西館
【高知市】

かつお船
【高知市】
この記事をシェアする
観光復活は四国一周「しこくるり」から高知編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ