観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

ウイズコロナの四国観光は— 旅行意欲を四国から喚起/小松昭二さん(高知県観光コンベンション協会副会長)

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除され、ウィズコロナの気運が高まりつつある中、四国四県の観光関係団体を代表して5人の方々に(1)コロナ禍で現在考えていること(2)四国DCに対する思い(3)国や行政に望むこと(4)観光客へ最も訴えたいこと(5)今後、観光業界はどのように変化していくと思うか―の5項目について伺った。

豊かな自然で様々な体験

(1)観光業界では感染対策をしながら、観光客の受け入れを行っています。高知県旅館ホテル生活衛生同業組合においても、独自のマニュアルを作成し対策を共有しています。Go Toトラベルキャンペーン実施期間中も高知県ではクラスターは発生していません。

世の中の雰囲気に流され旅行は中止せざるを得ないようになっていますが、様々な調査を見る限り旅行に行きたいという意欲は衰えていません。規制緩和の話が出ていますが、大いに期待しています。

災害の際にも感じることですが、悪いところだけを取りあげて世間を煽るメディアの報道にも問題を感じています。

(2)四国観光復活の起爆剤として期待しています。JRグループが全国で四国をPRしてくださる意義は大きい。地元としても観光客に楽しんでいただける素材を時間をかけて準備してきました。それらをPRして地域にお客様を呼び込んでいきたい。

ただし、9月末までマーケットの大きいエリアでの緊急事態宣言が延長されたことで、旅行の販売がストップしスタートダッシュができない状況にあることが懸念しています。

(3)規制緩和を早急に実行し、需要喚起につながる施策(国のGo Toトラベルキャンペーン、高知県のリカバリーキャンペーン)の再開をお願いしたい。高知県においては県内対象になっているトク割キャンペーンのエリア拡大を期待したいと思います。新しい国のリーダーには、やるべきことをやり抜くというリーダーシップの発揮をお願いしたい。

(4)高知県は観光の柱に食、歴史、自然、体験を据えています。ウイズコロナのなかで旅行者は自然を楽しむ旅行がしたいと望まれており、高知県はそれにふさわしい場所だと思っています。

四万十川だけでなく、最近人気が上がりつつある仁淀川など自然豊かな川での体験、柏島などSNS映えする美しい景色や海での体験、高知県土の8割を占める森林のなかでの様々なプログラムを用意しています。ぜひ足を運んでもらいたい。

(5)仕事でもオンラインでの対応が増えています。しかし旅行はリアル体験ができる貴重な機会であるとともに、そこで得る感動が大きな要素になっています。

ところがコロナ禍で観光客の意識が変わってきています。今の観光客が重視するのは自然を楽しむ旅や一人旅で、団体よりも個人の旅行にシフトしています。宿泊についても部屋食ができる、客室に温泉露天風呂があるなど、他者との接点を減らす方向に向かっています。

オンラインでの旅行申し込みが増えることで、リアル店舗での申し込みが減少し、それは店舗の削減につながります。しかし地方においては、高齢者層がデジタルの対応についていけず、この層が旅行会社の窓口での相談ができずに難民化する可能性があります。電話申し込みができる団体型企画旅行商品に流入することになれば、バス旅行も当面は生き残っていくことができると思います。

小松昭二さん

小松昭二さん
高知県観光コンベンション協会
副会長

高知県 旅のおすすめサイト


城西館
【高知市】

かつお船
【高知市】
この記事をシェアする
観光復活は四国一周「しこくるり」から高知編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ