観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「御城印」と「御船印」 鳥羽で2つの印をゲット

鳥羽城跡と伊勢湾フェリー

寺社参拝の御朱印は定番だが、鳥羽市に来ればその城郭版「御城印」と船版「御船印」が手に入る。鳥羽城跡と伊勢湾フェリーが目的地。歴史と海の旅2つが楽しめるまちとしてアピールする。

城郭の登城記念として近年人気の「御城印」。鳥羽では、戦国時代に織田軍の一員としてその名を轟かせた九鬼水軍の居城で、全国的にも珍しい海城だった鳥羽城跡で用意している。鳥羽城跡の御城印は朱色の家紋に城名が描かれている。3種が販売されており、1枚300―500円。購入は鳥羽市観光案内所と鳥羽歴史文化ガイドセンター、鳥羽市観光協会で。

海の旅を促すのは「御船印」。日本旅客船協会の公認事業として4月に始まった。全国の船各社が船や航路ごとに印を発行。現在58社が参画しており、鳥羽では伊勢湾フェリーが「第四番社」として名を連ねる。「鳥羽丸」「伊勢丸」「知多丸」各船の印が用意されており、海の安全を願う魔除けのお守り「ドーマンセーマン」と船体のシンボル「水玉」、各船名を描いている。1枚300円で、各船の売店で販売している。

伊勢湾フェリー

第四番社の伊勢湾フェリー

三重県伊勢志摩 旅のおすすめサイト


戸田家
【鳥羽市】

鳥羽市観光協会
【鳥羽市】

鳥羽温泉郷
【鳥羽市】

福寿荘
【志摩市】

ホテル季の座
【紀北町】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ