観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

SDGsの取り組み本格化 三重県旅館組合理事長・わたかの温泉福寿荘社長・木村圭仁朗さんに聞く

三重県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長で、磯部わたかの温泉・福寿荘社長の木村圭仁朗さんに新型コロナウイルス感染症拡大化における宿泊業界と志摩市観光について語っていただいた。

感染予防、安全対策も徹底

―三重県下の旅館ホテルの現状は。

マスク、消毒用アルコールが不足した時は旅館組合でまとめて買い入れて会員施設に配布しました。120項目の感染症防止対策ガイドラインを作り、徹底した安全対策を行いました。役員が安全確証の確認に220の会員旅館をまわって厳しくチェックしたことが広まり10、11月のGo Toトラベルでは中部圏では最も客の戻りが早かったと評価されたほどです。11月の対前年比は120―130%を記録しました。とはいっても我々を取り巻く環境の厳しさは変わりませんから、国に法整備を含めた要望を行って行く考えです。

木村圭仁朗さん

ゼロカーボンツアーを推進したい
と話す木村さん

―志摩市やわたかの島に関しては。

環境省は長野県松本市に続いて志摩市を全国で2番目に「ゼロカーボンパーク」に登録しました。全国の国立公園で先進的に脱炭素化に取り組む地域を支援するもので、貸自転車ツアーや二酸化炭素を吸収する藻場や干潟の再生、給水機の設置などが評価されました。SDGsへの取り組みにも積極的です。

手前みそになりますが、福寿荘とはいふうの2館に電気式ヒートポンプを導入し、全客室の空調設備を更新し、省エネ化を図りました。

今後は志摩市が進めるゼロカーボンパーク、SDGsと当館の省エネ化の取り組みなどを知ってもらったり体験できたりする、ゼロカーボンツアーの推進も行っていきたく思っています。

三重県伊勢志摩 旅のおすすめサイト


戸田家
【鳥羽市】

鳥羽市観光協会
【鳥羽市】

鳥羽温泉郷
【鳥羽市】

福寿荘
【志摩市】

ホテル季の座
【紀北町】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ