観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

フィギュアの殿堂 「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」がオープン/倉吉

日本最古の円形校舎を新しい観光拠点に

鳥取県倉吉市に4月7日、「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」がオープンした。円形校舎としては日本最古とされる旧明倫小学校を活用し、恐竜やアニメのキャラクターなどのフィギュア約2千点を展示。生まれ変わった地元のシンボルに、新しい観光拠点としての期待がかかる。

校舎は解体決定後、保存活動を経て、観光施設として“復活”。2階を主な展示スペースに恐竜やミリタリー、日本文化などテーマごとにフィギュアを展示。1階にはショップ、3階には校舎が現役当時の教室を再現したコーナーも設けたほか、歴史を学んだり、自分で作ったり、触ったりと、フィギュアの世界を多角度から楽しめる。

料金は一般1千円で、20人以上の団体は割引あり。旅行会社向けに今後、クーポンの設定も予定しているという。

開館時間は9―17時で、夏季は18時まで。

山陰鳥取 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ