観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

米子に国際観光案内所オープン

インバウンドの“風”受けとめる

鳥取県米子市は4月1日、JR米子駅構内の観光案内所を、インバウンド対応機能を充実させた「米子国際観光案内所」としてリニューアルオープンした。国際便が飛ぶ米子鬼太郎空港、クルーズの寄港による境港からの訪日外国人観光客の来訪が増加し、受入環境を充実させることが目的。

案内所は米子市観光協会が運営。英語対応のスタッフを2人増員し、観光や交通、宿泊施設などの案内を行い、県内の各観光地へ訪日外国人観光客を誘導する役割も担う。国内観光客対応ももちろん担当する。

同日、城下町観光の拠点施設として「米子したまち観光案内所」もオープン。米子観光まちづくり公社が運営し、明治初期の町家「旧茅野家」を改修した建物内でガイドプランを提供する。

山陰鳥取 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ