観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

瀬戸内貸切船を一手に JTB高松支店「SICS」

団体、個人に対応するクルーズを

JTB高松支店はこのほど、瀬戸内アイランド・コンシェルジュ・サービス(SICS)を立ち上げた。旅のテーマに合った多様なチャーター船の申込管理と利用促進、島々の魅力的な観光素材の紹介・提供を旅行会社に対して行う。瀬戸内の誘客に貢献することが目的。

SICSは、定期船では難しい周遊の島めぐりを実現するチャータークルーズを実施。団体向けのカジュアル利用プラン、個人向けのラグジュアリープランの2種類を用意。カジュアル型はタコタコ海上タクシーを利用し団体10-50人に対応。ラグジュアリー型は瀬戸内アイランドクルーズと瀬戸内ヨットチャーターを利用し、少人数の富裕層マーケットに対応する。

瀬戸内は米・ニューヨークタイムズの「2019年に行くべきデスティネーション」で“Setouchi Islands”として日本で唯一選出。世界のデスティネーションの中で第7位に選ばれた。一方で、米国の旅行会社からは瀬戸内は魅力的でありながらどのようにして移動していいのかわからないといった意見が多く、SICSはその声に対応できる商品展開に取り組むという。

四国香川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ