観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「四国は、負けていない。」 5連ポスターでアピール

「四国からのメッセージ」感じて

四国ツーリズム創造機構はこのほど、四国観光誘致ポスター「四国は、負けていない。」を作成した。10月1−31日、JRグループの主な駅に貼り出し、四国をアピール中だ。

ポスターのテーマは「世界に負けない四国の美しさ」。四国の魅力をこれまで以上に浸透させ、観光客誘致と広域観光の推進を図ることが目的。B1版、5枚1組で4県の美しい風景とともに「イタリアにも似たががあるにゃぁ。」(高知県)、「京都かと思うたやろ。」(愛媛県)、「よぉに見て、四国や。」(四国)、「南米のウユニ塩湖みたいな水鏡やね。」(香川県)、「大仏もええけんど、小僧がええ。」(徳島県)といったユニークなコメントが入っている。

四国は負けていない

四国は負けていない

四国は負けていない

四国は負けていない

四国は負けていない

同機構では「世界にも、日本の有名観光地にも四国は負けていません。見せ方次第です。神秘性を感じさせる仁淀ブルー、船が浮いて見えるほどの海、水面を流れる雲。その美しさを『四国からのメッセージ』としてお届けしたい」と意気込む。

四国香川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ