観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“らしさ”全開 「四国八十八景」 官民連携し4県+α選定

これぞ四国の景観

四国経済同友会や四国運輸局、四国4県、交通、旅行会社など四国の官民が連携して「四国八十八景」を設定している。四国霊場にちなんで“四国らしい”景観を88カ所選定。2020年の東京オリンピック開催に向け、国内外に四国の魅力をアピール。日本に注目が集まるビッグチャンスに、四国へ観光に来てもらおうというものだ。

選定されているのは、香川県21カ所、徳島県21カ所、愛媛県24カ所、高知県20カ所、愛媛、高知両県にまたがるもの(四国カルスト)1カ所、観光列車1件。市町村などから推薦があったものから選んでいる。

選定されている景観は知る人ぞ知るというものもあるが、やはり著名なスポットが多く含まれている。香川県からは栗林公園や瀬戸内海の風景、小豆島の寒霞渓、琴平町の金刀比羅宮など。

高松市の夕凪の湯HOTEL花樹海も選定。テラスから望む景観が対象で、高松市街地や屋島、瀬戸内海の海と島々が一望できるという同館の自慢が評価された格好だ。

夕凪の湯HOTEL花樹海

高松市街や屋島、瀬戸内海が一望できる
夕凪の湯HOTEL花樹海のテラスからの景観は
「四国八十八景」の一つ

四国香川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ