観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

自家源泉と眺望に自信 夕凪の湯HOTEL花樹海/高松

高松を“温泉地”に 待望の「美人の湯」

“温泉地”としてのイメージに乏しかった香川県高松市だが、旅館「夕凪の湯HOTEL花樹海」が近年、自家源泉の掘削に成功してから、そのイメージを払しょくしつつある。温泉も高松観光の目的に加わり、旅の魅力をこれまで以上に増幅させている。

同館にとっても地元にとっても“悲願”だった源泉掘削。「花樹海温泉」と名付けた湯は、湧出量が毎分32トン、泉質濃度が1リットルあたり4・25グラム、PH9に相当する高濃度のナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉で、入浴後には肌のすべすべ感が得られる「美人の湯」としてアピールしている。ほかにも筋肉や関節の痛み、疲労回復、胃腸をはじめとする疾患など様々な効能を有し、配湯開始以来、市内唯一の高濃度療養泉として認知が高まってきているという。

同館では、高松市内や瀬戸内海を望む屋上パノラマ大浴場や、天然岩露天風呂付客室などに配湯。2018年8月には8階テラスに無料の足湯もオープンさせ、様々なスタイルで温泉を楽しんでもらっている。

この温泉は同館が指定管理を務めるほかの施設にも供給。徳島県美馬市のブルーヴィラあなぶきは2018年4月にリニューアル、その後6月から花樹海の天然温泉を利用している。

四国香川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ