観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

商店街が山岳観光の拠点 33店で「こまがねテラス」/駒ヶ根

「駒ヶ岳を遊ぶなら、まず根っこから」 各店が様々なサービス

駒ヶ根市の中心市街地でおもてなしプロジェクト「こまがねテラス」が展開されている。市内商店街を中心におもてなし企画を設定。南アルプスと中央アルプスという2つのアルプスに囲まれた山岳観光拠点の地として、来訪者に寛ぎ、楽しんでもらえるまちづくりに取り組んでいる。

プロジェクトは2017年7月、駒ヶ根駅前や広小路商店街などの商店15軒が参画しスタート。2つのアルプスの間のまち・駒ヶ根を「テラス」と捉え「駒ヶ岳を遊ぶなら、まず根っこから」を旗頭に、山岳観光・登山者をはじめ訪れたすべての人に心地よく過ごしてもらえるまちを目指して取り組みを進めている。今年9月には参画店が33軒に増え、市が事務局を務め情報提供、交流機能の強化を図るなど本格的に活動を展開している。

こまがねテラス

「こまがねテラス」の店舗に
掲げられている黒板

参画するのは、古くから営業する地元の一般的な店舗。それが、洋品店では人気登山ブランドのウェアを販売したり、化粧品店では登山時の紫外線対策を伝授したり、衣服を着たまま山の疲れをとれる岩盤浴があったり、コーヒーショップでは下山時のリフレッシュのために桶の足湯を用意したりと、各店それぞれに山岳観光客へのサービスを設定。

ほかにも和菓子店では駒ヶ根特産の新たな商品を販売、各店で地元の話をお客に伝える意識を持つなど、各店が駒ヶ根という地域性を強く意識したおもてなしを用意しており、まち全体で山岳観光の拠点・駒ヶ根の強化を図っている。

信州 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ