観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

愛されて半世紀 白樺リゾート、ファミリーランド50周年で施設増強

玄関口「池の平ゲート」開設と「くるくるの国」一新

信州の高原リゾート代表格のひとつビーナスラインにあって、家族連れを中心に支持を集めてきた白樺湖畔の遊園地「白樺リゾート池の平ファミリーランド」。今年開業50周年を迎え、施設を増強、次の50年に向け、新たなスタートを切った。

同ランドは池の平ホテル&リゾーツ(矢島義拡社長)が運営。白樺湖を望むホテルと遊園地、スキー場「池の平スノーパーク」、ドライブイン「池の平レイクサイドプラザ」などを展開し、ビーナスラインのなかで独自の存在感を有する。多くの家族連れに高原リゾートの新しい楽しみ方を提案してきた。

白樺湖

黄金アカシア越しに望む白樺湖。
白樺リゾートは湖畔に広がる

開業50周年の記念事業として4月21日、白樺リゾートの玄関口としてファミリーランド「池の平ゲート」をオープン。あわせて、ファミリーランドの中核アトラクションエリア「くるくるの国」もリニューアルした。

くるくるの国には、従来の大型遊具4基を撤去し、新エリア「シラカバウッドビレッジ」が登場。子どもでも気軽に乗れるトロッコ型の「シラカバウッドコースター」、どんぐり型の座席に乗っての回転ブランコ「ヒッポのどんぐりハウス」、川や噴水で水遊びや魚釣りが楽しめる「川ちゃぷ広場」を設けた。

信州 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ