観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鳥取砂丘で謎解き 砂丘会館、着地型プランを造成/鳥取

砂丘観光楽しむ「一手」次々に

ドライブイン「砂丘会館」は鳥取砂丘の目の前に立地し飲食やお土産購入、休憩にと砂丘観光の立ち寄りの定番。土産物の開発、利便性向上のための施設改修など積極的な魅力向上策に取り組んでいる。さらに地域限定旅行業登録を取得し、鳥取砂丘を中心に着地型プランの開発を始めた。

4月からは「鳥取砂丘謎解きゲイム」を実施。現在展開中のJTB「日本の旬」のオプショナルプランとして採用されている。鳥取にいた博学・聡明な男が残した「Y氏からの伝言」をもとに鳥取砂丘で謎を解き明かしていくもので、砂丘での学びと遊びを楽しむ趣向。家族や友人での参加を勧めており、夏休みの自由研究にも。クリアすると記念品がもらえる。9月30日まで。料金は1人750円。

また、館内での団体料理メニューも充実。鳥取和牛や冬のカニ、季節の魚介類など地元食材をふんだんに使った御膳を各種用意しており、最近は夕食利用も人気だ。

山陰鳥取 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ