観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「世紀の大工事」を再現 黒部ダムに「黒部の太陽」ロケセットを公開

映画公開から50周年 破砕帯工事のトンネル現場を再現

「世紀の大工事」と呼ばれた黒部ダム・黒部川第四発電所、通称「くろよん」建設。その苦闘を描いた昭和の名作映画「黒部の太陽」の撮影セットのレプリカが、1968年の映画公開から50周年を迎えた今年、黒部ダム特設会場で公開される。困難を極めた大工事の現場風景が今、眼前に蘇る。

展示される撮影セットのレプリカは2017年8月に閉館した、北海道小樽市の「石原裕次郎記念館」から譲り受けたもの。最大の難所だった破砕帯工事のトンネル現場を再現している。

トンネルセットの大きさは高さ3.3メートル、横幅4.4メートル、奥行き約9メートルとビッグスケール。トンネル内から石や土を運んだトロッコのレプリカ、実際に工事に臨んだ人たちのインタビュー映像を配し、当時の臨場感を今に伝える。

また、映画のワンシーンの写真パネルを展示するほか、カメラや照明を配置して映画撮影の現場を再現する。

特設会場は黒部ダム審展望広場に設置。ゴールデンウイークごろの公開を予定している。

くろよん建設は1956年着工。苦難の末、7年かかって1963年に完成した。映画は石原裕次郎さんの主演で大ヒットした。

立山黒部 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ