観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

黒部峡谷に奥深く迫る「パノラマ展望ツアー」 6-11月、関電施設内へも

トンネル内から峡谷の絶景を“探検”

「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」が今年は6月1日―11月12日の金土日月曜に実施される。通常では立ち入ることができない関西電力施設内と自然散策を組み込み、黒部峡谷の魅力に奥深く迫る人気ツアーだ。

富山県と黒部市、関西電力、黒部峡谷鉄道、黒部・宇奈月温泉観光局が新しい魅力を創出しようと連携し2015年に商品化。以来、旅行会社各社が取り扱うなど人気を集め、定番化している。

ツアーでは黒部峡谷鉄道トロッコ電車で宇奈月から欅平へ。関西電力施設内では専用列車でトンネルを進み、黒部川第三発電所の取水ダム「仙人谷ダム」建設時の輸送用エレベーター「竪坑エレベーター」でトロッコごと高低差200メートルを約2分で移動する。到着後、竪坑展望台から上部トンネル、登山道、パノラマ展望台へと進んでいく。

黒部峡谷パノラマ展望ツアー

上部トンネルを歩く

所要時間は約6時間。1日4回出発する。料金は大人6千円、小学5・6年生4千円。定員は53人。1人から受け付け、15人以上の場合は問い合わせを。

問い合わせ、申し込みは観光販売システムズ 電話050―3775―4727。

立山黒部 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ