観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

小豆島オリーブ植栽110周年 農園めぐって遊んで島を知る

オリーブを知らずして小豆島の魅力には迫れない

オリーブの木が小豆島に植栽されて今年で110周年を迎えた。小豆島の特産かつシンボルの節目を祝おうと、小豆島町や土庄町、香川県内で記念事業を開催。小豆島の旅にアクセントを加えるオリーブの魅力を発信している。

小豆島とオリーブの関係は1908年から。アメリカから輸入した苗木が小豆島の気候とマッチし、小豆島町で順調に生育。農家が試行錯誤を重ね、搾油から生産、事業化まで発展し、昭和中期に繁栄した。農産物の輸入自由化により一度は衰退するものの、近年のイタリア料理、健康食品ブームでオリーブオイルが人気となり、再度復活を果たした。小豆島町や土庄町では栽培の振興や観光への活用に注力。小豆島の特産、シンボルとして発信を続けている。

オリーブの原木

小豆島オリーブ園にある
「オリーブの原木」

植栽110周年イベントは、オリーブの収穫が最盛期を迎えた秋に本格化。10月19日には土庄町の「樹齢千年のオリーヴ大樹」で、今夏、小豆島を舞台とした新曲「オリーブの島」をリリースした歌手・石川さゆりさんを招いて「小豆島オリーブ植栽110周年記念収穫祭」も開かれた。

11月30日までは小豆島町の道の駅小豆島オリーブ公園で、オリーブにまつわる多彩な催しをラインナップした「オリーブ収穫祭」を開催しているほか、島内の土産物店などでの「オリーブフェア」なども展開。12月24日までは香川県内の参画食事処で「オリーブメニューフェア」も。

110周年の記念の年こそ、“オリーブ紀行”へと繰り出したい。敷地内に約2千本のオリーブを栽培する小豆島町の観光農園「小豆島オリーブ園」、記念イベントが充実する道の駅小豆島オリーブ公園、レストランやショップ、体験でオリーブの魅力に触れ合える「井上誠耕園」(同町)など、オリーブにまつわるスポットは島内に点在。オリーブ農園の散策のほか、クラフトやエステなどオリーブの恵みを楽しめる体験も充実しており、小豆島を知るにはオリーブとの触れ合いは欠かせない。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ