観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

ワインやアートを周遊 岩室温泉起点「ぐる〜んバス」

土日曜に1日5便 1月末までスタンプラリーも

岩室温泉とJR越後線巻駅を起点に、新潟市西蒲区の観光スポットを巡る「にしかん観光周遊ぐる〜んバス」の運行が2019年7月から始まった。12月29日までの土日曜日に1日5便運行している。

ルート上には温泉施設のほかワイナリーや宝山酒造、地元で人気のカフェ、ランチやスイーツを楽しめるスポットが揃い、岩室観光協会では、これらをめぐるワイン&スパコースとお酒と温泉コースをモデルコースとして紹介し、丸1日のバスを使った周辺観光を提案している。

バスは「わらアートまつり」会場の上堰潟公園やカーブドッチワイナリー、日本海沿いも走り、角田岬灯台なども見どころ。料金は1回の乗車が200円、1日フリーパスが500円。

バスに乗車した人を対象に、10月1日−2020年1月31日まで、宿泊利用券や食事券1万円相当などが当たるスタンプラリーを行っている。

上堰潟公園で10月31日まで「わらアート」まつりが開かれた。広々とした公園に、稲わらでつくった巨大なオブジェを展示した。

今年のテーマはif。「もしもクマと相撲が取れたら」など、迫力ある5体の動物たちが「もしもの世界」を楽しませた。作品は東京の武蔵野美術大学の学生たちが現地に泊まり込み、新潟市民と共同で制作した。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ