観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

美人林と湯治豚 松之山温泉で秋冬の楽しみ

スノーシューで雪上トレッキング 「棚田鍋」は逸品

日本三大薬湯の一つ、十日町市の松之山温泉。世界有数の豪雪地帯ならではの秋・冬の楽しみ方、食の楽しみがある。

松之山温泉の旅館や観光事業者でつくる合同会社まんまが「里山の恵み案内人と行く冬の美人林スノーシューと囲炉裏端体験」プランを催行する。スノーシューを履き、松之山温泉からほど近い樹齢90年超のブナ林で雪上トレッキングを楽しむ。同じ時期に植林されたため、太さや高さが揃っているため美人林と呼ばれる。ガイドは、松之山在住の里山の達人たち。約2時間のツアーで、長靴やレインウェアの貸し出し、宿泊先から送迎もある。

美人林

樹齢90年を超えるブナが並んでいる美人林

「まんま」は郷土食の継承や、地元農産事業者など持続可能な地域経済にも関心を置く。そこで開発した新たな名物の1つが、高温の源泉を利用して調理する「湯治豚」。地元の景勝地である棚田に着想を得て、妻有ポークを使った「棚田鍋」は、ローカルガストロノミーを凝縮した逸品だ。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ