観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

美人林と湯治豚 松之山温泉で秋冬の楽しみ

スノーシューで雪上トレッキング 「棚田鍋」は逸品

日本三大薬湯の一つ、十日町市の松之山温泉。世界有数の豪雪地帯ならではの秋・冬の楽しみ方、食の楽しみがある。

松之山温泉の旅館や観光事業者でつくる合同会社まんまが「里山の恵み案内人と行く冬の美人林スノーシューと囲炉裏端体験」プランを催行する。スノーシューを履き、松之山温泉からほど近い樹齢90年超のブナ林で雪上トレッキングを楽しむ。同じ時期に植林されたため、太さや高さが揃っているため美人林と呼ばれる。ガイドは、松之山在住の里山の達人たち。約2時間のツアーで、長靴やレインウェアの貸し出し、宿泊先から送迎もある。

美人林

樹齢90年を超えるブナが並んでいる美人林

「まんま」は郷土食の継承や、地元農産事業者など持続可能な地域経済にも関心を置く。そこで開発した新たな名物の1つが、高温の源泉を利用して調理する「湯治豚」。地元の景勝地である棚田に着想を得て、妻有ポークを使った「棚田鍋」は、ローカルガストロノミーを凝縮した逸品だ。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ