観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“美食旅”テーマに新潟・庄内DC 12月末まで

県内7エリアの個性提案

日本海美食旅、新潟県は7つのエリアごとのガストロノミー・ツーリズムを提案している。

例えば、新潟・阿賀エリア。稲作と北前船の寄港地として栄えた新潟は、1800年代から明治の初期にかけて国内で最も人口の多い地域だった。古町花街は京都の祇園と並び、日本で最も賑わった繁華街で、料亭文化が発展し、それは今も受け継がれレベルの高い料亭やレストランが多数並ぶ。古町芸妓の観賞と料亭料理を楽しみたい。

新潟庄内DC

新潟・阿賀エリアのポスター

村上・新発田エリアでは、県北の城下町村上市で水族館で遡上する鮭を見学し、鮭の塩引きを習い、軒先に下がった鮭を眺め、鮭料理を食べる。関川村や新発田市では豪農の館や庭園で郷土料理を味わう機会も。

新潟庄内DC

村上・新発田エリアのポスター

弥彦・三条エリアでは、地場産業である金属加工を生かしたステンレス製カバーのついた御朱印帳で寺社をめぐって、旅館では、職人が手掛けた金属の食器と酒器で、会席と地酒を試す。

湯沢・魚沼・十日町エリアで出会えるのは上質な雪国ガストロノミー。「半年は保存食で過ごした」という長い時代が残したのは発酵、塩蔵、乾燥、寒仕込みから生まれる地域食の数々。少し行けば恒久展示のアートが現れる「大地の芸術祭の里」で、雪国A級グルメが待っている。

新潟庄内DC

湯沢・魚沼・十日町エリアのポスター

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ