観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

徳島あるでないでCP 大手旅行会社のサイトとSNS活用で情報発信

宿泊“全国最下位脱出作戦”へ本気の取り組み

徳島県が観光の大きな課題克服に向けてひとつになっている。その課題とは、宿泊者数の少なさ。県内の年間延べ宿泊者数が2015年以降、全国最下位になっている。この状況から脱却を図るため、県をはじめ官民でプロジェクトチームを結成。首都圏などへのアピールを強めるなど活動を本格化。情報発信こそ現況打破への“本丸”と位置づけ、地道な取り組みを進めている。

官民一体の「オール徳島」で立ち上げた“部隊”は「『♯徳島あるでないで』プロジェクトチーム」。「あるでないで」とは徳島の方言で「あるじゃないか」の意味。県内の宿泊団体や旅行会社、交通機関、県ら観光関係機関が一堂に会し、官民で協力して宿泊者増へ施策を展開している。

徳島県観光の魅力を発信するために大々的に打ち出しているのが「♯徳島あるでないで」キャンペーン。17年12月からスタートさせ、今年度も20年3月末まで継続実施している。

大手旅行会社各社のウェブサイトに徳島県特集ページを設置し、体験や食を組み込んだ宿泊プランを販売している。あわせて徳島県の魅力をSNSに投稿してもらうキャンペーンを実施するなど魅力の発信を通して旅行者に宿泊を促している。

商品造成に向けては、昨年5月に東京で旅行会社を招いて「オール徳島」観光商談会を開催。アピールが弱かった首都圏市場の旅行会社との関係を構築し、宿泊需要の拡大につなげようと県単独で初開催した。昨年に引き続き、今年5月にも東京で観光商談会を開いたほか、8月には東京に加え、関西圏で初となる観光セミナーを大阪でも開くなど、観光情報の発信を強化した。

これらの取り組みの成果は徐々に表出。宿泊者数は、18年は220万5900人と全国最低のままだが、19年7月の段階では対前年比で約10万6千人増と好調なスタートを切っており、着実に実を結びつつある。

四国徳島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ