観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

韓国・忠清南道で百済文化に触れる(2) 百済第2の都・公州

栗も有名

ファムトリップでは仁川国際空港からバスで約2時間、公州市に到着。百済が漢城(現在のソウル)から都を移した熊津(ウンジン、475―538)があった場所だ。

世界遺産の「宋山里古墳群」には熊津時期の王と王族が埋葬されている。特に百済第25代の王「武寧王陵」がよく知られる。1971年に排水路工事中に無盗掘の状態で発見され、木棺に日本産コウヤマキが使われていた。当時出土した国宝を含む品々は「国立公州博物館」で見学できる。

「公山城」は、錦江を見下ろす公山に城壁(長さ2・6キロメートル)が築かれた王城。新羅の慈蔵律師が643年に創建したと伝わる千年の古刹「麻谷寺」は韓国仏教界最大勢力の本山で、日本統治時代には白凡・金九が隠れ住んだ山寺だ。

公山城

世界遺産「公山城」は錦江を望む天然の山城

公州名物の「栗」は、韓国全土で有名。「サゴク醸造場」の栗マッコリはやわらかい飲み口、ほんのりとした甘さ、栗の後味も絶妙だ。街中では栗のパイや栗大福、栗ラテなども人気で、栗を飼料として育った韓牛も味わえる。市が運営する体験施設「公州韓屋村」ではオンドルを使った伝統的な韓屋に滞在できる。

(次の記事)韓国・忠清南道で百済文化に触れる(3) 百済最後の都・扶余
(前の記事)韓国・忠清南道で百済文化に触れる(1) 10年に一度の「大百済典」

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ