観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

広大な敷地を誇る植物園 兵庫県立フラワーセンター

加西市観光の顔 家族で花々を愛でる

兵庫県立フラワーセンターは約46ヘクタールもの広大な敷地に広がる花と緑の植物園。松の自然林をそのまま生かしたもので、その規模は全国有数。長らく加西市観光の顔として多くの来場者を集めてきた。

毎年3月から開かれるイベント「チューリップ450品種30万本の交響曲」が名物企画。国内最大級を誇る450品種もの多彩なチューリップが春の彩りを伝える。チューリップの本場、オランダの気分が味わえるオランダ衣装体験も。

兵庫県立フラワーセンター

毎年3月から開かれる
「チューリップ450品種30万本の交響曲」

また、食虫植物の栽培レベルも日本有数。栽培している食虫植物ウツボカズラの一種「ネペンテス・トランカータ」の捕虫袋が世界最長で、ギネス認定もされているほどだ。必見。

園内を見渡すと、中央に水鳥が遊ぶ亀の倉池、池の北側には滝や噴水、その奥に飯盛山というのどかな光景が広がる。多くの家族連れがのんびりと過ごす光景が定番の風景だ。

そのほか、大花壇や大温室、モミジバフウの並木道「花と彫刻の道」、小鳥のさえずりが聞こえる「かおりの森」など、約4500種もの花々が季節ごとに咲き、来場者を華やかに出迎える。

兵庫県加西市 観光に関するお問い合わせ

加西市ふるさと創造部 文化・観光・スポーツ課
〒675-2395 兵庫県加西市北条町横尾1000
電話:0790-42-8756 FAX:0790-42-8745

兵庫県加西市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ