観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

里の恵みで個性豊かな加西の食事処

うどんの名店、旬の野菜メニュー― ここだけの味わい

南北に広大な兵庫県のほぼ中心に位置する加西市。一見、食の名物に乏しいように見えるが、その実、隠れた名店の宝庫なのだ。市域全体に広がる自然と田園がもたらす里の恵みを生かして個性豊かな食事処が点在。加西の旅を彩るのもやっぱり食だ。

「がいな製麺所」は田園地帯にたたずむ一軒のうどん店。ただ、そんな静かな地に行列ができる、播磨エリアではちょっと知られた存在だ。その理由は本場の讃岐うどんを味わえるから。本場香川の人気店で修業した店主の手打ち、出汁へのこだわりが多くのファンを生み出した。定番の釜玉うどんやバター釜玉といったうどんメニューのほか、天ぷらや季節の定食など充実のラインナップ。「がいなばあちゃん」のインパクトある大看板が目印。

がいな製麺所

がいなばあちゃんの看板

がいな製麺所

がいな製麺所の行列

「ふく蔵」は、地元加西の酒蔵「富久錦」の直営旗艦店。「食は純粋であるべき」をモットーに、地元産の旬の野菜と調味料を使った食材の旨味を生かしたシンプルな料理が味わった人の心を打つ。旬の食材を使った多彩な料理を詰め込んだ「ふく蔵弁当」や揚巻湯葉とおとうふ膳など上品かつ上質な味わいを明治築造の蔵を再生した空間で味わえる。同じ敷地で醸造されるこだわりの純米酒にももちろんぴったり。

ふく蔵

明治時代の酒蔵を再生したふく蔵

ふく蔵

旬を感じる料理

市内最北端、“田舎”という立地をそのまま生かしたのが農家レストラン「土一七日(どいなか)屋台」。のんびりとした環境の中、シカをはじめとするジビエ料理や旬の野菜を使った田舎料理の素朴な味わいに舌鼓を打つ。店主自ら栽培した米や野菜に地域を感じたい。

「はりまのちっちゃな台所」は、地元の県立播磨農業高校の学生がプロデュースした店内でそばと旬の野菜料理を提供。プロデュースのコンセプトは「子育てママを応援したい」というもので、ふんだんに木を使った温もりのある空間が広がる。こだわりの出汁と石臼挽のそばと野菜の天ぷらが人気。

一風変わっているのが「ソーシャルキッチンカフェ O Cha no Ma―おちゃのま」。饅頭店を改装した店内は、なんと誰でも自分の店として利用できるというスタイル。いつか店を開きたい、趣味や特技を生かしたい、新しく何か始めたい―など挑戦を後押ししてくれる空間だ。これまでカフェをはじめいろいろな店が登場。今後の展開も期待大だ。

兵庫県加西市 観光に関するお問い合わせ

加西市ふるさと創造部 文化・観光・スポーツ課
〒675-2395 兵庫県加西市北条町横尾1000
電話:0790-42-8756 FAX:0790-42-8745

兵庫県加西市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ