観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

訪れるべき目的地で四国が2位 ロンリープラネットが選出

国際線増加や瀬戸芸、秘境、四国遍路など掲載

世界でもっともシェアが高い旅行ガイドブックを発行するロンリープラネットが「アジア太平洋地域の訪れるべき目的地」として、日本で唯一「Shikoku(四国)」を選んだ。

7月にウェブサイトで発表した2019年の旬な目的地として選ばれたもので、四国は2位にランクインした。

ウェブサイトに掲載された内容は、高松や松山の国際線が増えていることや、直島などの島々をめぐる瀬戸内国際芸術祭の開催について紹介し、秘境と呼ばれる祖谷エリア、鳴門渦潮、高知城、ひろめ市場、道後温泉などの観光名所、1400キロメートルの道のりを巡礼する四国遍路(四国八十八カ所)についても触れている。

ロンリープラネットは、世界120以上の国と地域で旅行ガイドブックを発行し、ウェブサイトでも旅行情報を発信する世界的な出版社。訪れるべき目的地は毎年7月に公表しており、今年のアジア太平洋地域の1位はオーストラリア西部のマーガレットリバーと西オーストラリア州南部だった。

四国徳島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ