観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

砂で世界旅行へ誘う 鳥取砂丘砂の美術館、北欧の魅力を砂像で表現

大自然や神話、童話の世界

鳥取市・鳥取砂丘の砂像展示専門ミュージアム「砂の美術館」で4月14日から、第11期展示「砂で世界旅行・北欧編」を開いている。来年1月6日まで、北欧特有の大自然や神話や童話などの歴史を砂像で表現、観る人を美しい大自然と幻想的な物語の世界へ誘う。

同館は2006年に第1期展示をスタート。「砂で世界旅行」をテーマに、世界トップクラスの砂像彫刻家の競演で各国の風景を鳥取砂丘に現出させる。これまで約390万人に大きな感動を与えてきた。

今年も世界9カ国から集った彫刻家19人が腕を競いあいながら、約2500トンもの砂を使って砂像を制作。フィヨルドの風景をバックに、神々や巨人が登場する北欧神話、人魚姫やサンタクロースといったアンデルセン童話の一場面、動物などの砂像が所狭しと並び、スウェーデンやデンマークなど北欧の幻想の世界を創出している。

鳥取砂丘砂の美術館

人形姫などの童話や神話、フィヨルドなど
北欧の世界をかたどった砂像が並ぶ

開館時間は9―18時で、土曜は20時まで。観覧料は一般600円、小中高生300円。20人以上は100円引き。年間パスポートは一般1千円、小中高生500円。

山陰鳥取 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

目に鮮やか心穏やか富山立山黒部

いよいよ春本番、雪深い富山県・立山黒部でも本格的な観光シーズンが到来する。その幕開けは山岳観...

島根安来人に会いに行こう

島根県最東部に位置する安来(やすぎ)市。山陰随一の汽水湖・中海と、緑豊かな中国山地に挟まれた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ