観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“民の力”担い手育成 地方創生カレッジin小樽

未来志向でまちの課題を解決

民の力を最大化し、小樽のまちづくりや地域マネジメントを担う人材を育成する「地方創生カレッジin小樽」が開かれている。交流人口増はもちろん、他地域に住みながら小樽と関わり続ける関係人口の増加や、定住人口につなげるための地域活性化の方策をeラーニングや座学、ワークショップを通じて探っていくという内容だ。

カレッジは日本生産性本部の主催で、北海道では函館市に続き2カ所目。「デジタル田園都市国家構想を軸に新たな北の商都『小樽』を考える」という副題の通り、デジタル技術を駆使しながら未来志向でまちの課題などを解決する試みで、12月まで計5回の講座を行っている。

地方創生カレッジin小樽

参加者の熱意が伝わったワークショップ

9月の講座には約60人が参加し、ワークショップでは小樽の強み、改善点などに対して熱心にブレインストーミング。最終的には、参加者でアクションプランをまとめるという。

北海道小樽 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ