観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

清水寺でゆっくり過ごす

写経・写仏、座禅体験も 秋には「灯参道」

清水寺は、約4万平方メートルの敷地に根本堂、三重塔、毘沙門堂、蓮乗院など多くのお堂に加え、宝物館、精進料理を提供する料理旅館、名物の清水羊羹の出店などが建ち並ぶ。境内をゆっくり歩くのが楽しい寺。

加えて、ここだけの体験も魅力。5−11月末には「写経・写仏」と「座禅」ができる。日常の喧騒を離れ、心静かに過ごす時間の清々しさに心身をリフレッシュ。時間は10時からと14時から。所要時間は30分−1時間ほど。料金は1人1千円。

清水寺

清水寺

座禅体験と写経体験。
心静かに自分と向き合い身も心もリフレッシュ

前述の三重塔登閣、宝物館見学は予約制で随時受付。大人500円、中高生300円、小学生100円。20人以上の団体は割引あり。GW中は予約なしでも対応。

また今年は10月26、27日に「灯参道」が行われる。安来特産の広瀬和紙と、広瀬絣に使われる藍染めを用いた行灯が参道や境内に並び、幻想的な秋の一夜を演出。特に今年は、10月26日に全国82カ所の清水寺が参画する「全国清水寺ネットワーク会議」の法要が行われる。京都・清水寺の森清範貫主が漢字を書く催しも予定されている。

灯参道

毎年秋に行われる「灯参道」。
ほのかに灯された境内は幻想的

島根県安来市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ