観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「あいうえお」発祥地アピール 山代温泉でまちづくり

オブジェや小径、ツアー、謎解き、そして記念日登録

日本語でたぶん最初に習う「あいうえお」。石川県山代温泉は、そのゆかりの地。歴史の変遷を経て今の五十音図は確立されたが、平安後期に五十音図の基礎を示したのは、山代温泉の中心部にある薬王院温泉寺の初代住職、明覚上人。

山代温泉観光協会では、地域の歴史を顕彰しようと「五十音図発祥の地」として活動を展開。地域整備、イベント、記念日の制定など「あいうえおの郷」としてまちづくりを推進し、あいうえお発祥の湯のまち・山代の魅力を全国に発信している。

取り組みは2016年にスタート。五十音図の創作に寄与した明覚上人を前面に打ち出す「あいうえおの郷 にほんご文化の森プロジェクト」を立ち上げ、温泉寺の後方にある薬師山に上人にちなんだ「アイウエオの小径」を早々に整備し、今年3月には温泉寺の山門前にオブジェを新設するなどハード面の魅力を増強してきた。

あいうえおの小径

温泉寺後方の薬師山には
「あいうえおの小径」も

ソフト面でも今年は50音の語呂合わせから5月10日を「五十音図・あいうえおの日」として日本記念日協会から認定、登録。5月7日に開かれた授与式で同観光協会の萬谷正幸会長(瑠璃光)は「山代温泉があいうえお発祥の地であることをもっとアピールし、誘客につなげたい」、加賀市の宮元隆市長も「市を挙げて情報発信したい」と今後の取り組み強化へ抱負を語った。

五十音図・あいうえおの日

「あいうえお」記念日の登録認定式で
(今年5月、左端の宮元市長ら)

そのほか、ガイドツアーを実施してきたほか、外国語表記入りの50音図表やPR動画の作成など多彩な取り組みを展開。山代温泉街を舞台にした謎解きイベント「あ、から始まるぶらり謎解き、消えた記憶と言葉のくすり」も継続して実施しており、個人客のほか旅行会社のツアーでも利用が進む。1セット1800円の謎解きキットを購入し、町中に隠された手がかりを探したり、暗号やパズルを解いていくもので、所要時間は2時間程度。旅の途中に気軽に組み込め、温泉街を楽しめるプログラムとして定着している。

石川県山代温泉 旅のおすすめサイト


たちばな四季亭
【山代温泉】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ