観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

海路で行く 旅情豊かな松山へ(3) 瀬戸内海道1号線

松山−広島結ぶ動脈に

松山と広島を結ぶ定期航路「瀬戸内海道1号線」は、松山市が推進する「瀬戸内・松山構想」から生まれた。瀬戸内海を観光振興に生かそうと、従来の中国、四国というブロックの縦割りを打破し、瀬戸内・松山エリアで新たな旅を創造しようというものだ。主に広島エリアとタッグを組み、歴史資源、海上交通を生かした取り組みを展開。瀬戸内海ならではの物語を演出した企画で、地域に新たな魅力を加えている。

構想は松山市や広島市、広島県呉市、同県廿日市市、JR、船会社など官民協働で組織する「瀬戸内・松山ツーリズム推進会議」が核になって推進。「瀬戸内海道1号線」を通り、瀬戸内・松山エリアを周遊する旅行商品を造成するなどの取り組みを進めてきた。瀬戸内海の海上ルートと松山を組み込んだ京都−広島−松山ルートが国から「新ゴールデンルート」として位置づけられるなど成果ははっきりと表れている。

商品面では、山陽新幹線と呉・松山間の高速船を組み合わせ、瀬戸内エリアを4日間周遊できる「松山・広島割引きっぷ」が定着。航路の利用者が着実に増えていることから今年度も20年3月末まで発売されている。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
四県四色、四国を彩る愛媛編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ