観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

伝統の“エンタメ”石見神楽(3) 飛んで萩・石見へ-8月に大阪便運航

夏の季節便で石見が近くに

石見地方の玄関口、萩・石見空港(島根県益田市)が7月2日に開港25周年を迎える。記念イヤーの今年も、大阪・伊丹空港とを結ぶ夏の季節便が期間限定で運航される。8月4―21日の18日間で1日1往復。全日空が運航する。

運航ダイヤは伊丹13時30分発―萩・石見14時35分着、萩・石見15時10分発―伊丹16時10分着。約1時間で両空港を結ぶ。機材はボンバルディアDHC8―Q400で座席数は74。

萩石見ANA便

萩・石見と大阪・伊丹間を
1時間で結ぶ夏のANA便

萩・石見空港へは東京羽田とを結ぶ定期便が運航されている。1日2往復。

萩・石見空港利用拡大促進協議会は、期間限定の大阪線、定期便の東京線は地元への誘客に貴重な存在であり、各種運賃助成制度を設定して利用促進を図っている。主に島根県益田市、浜田市、津和野町、吉賀町、山口県萩市、阿武町在住者が対象。

今年は同空港の25周年であり、これを記念して助成制度を設定。東京線の往復利用が対象で、2人以上の利用で1人あたり1万円を助成する。7月2日搭乗分まで。

そのほかにも助成制度を多く用意。詳しくは同協議会HP(http://hagiiwami.jp/)、電話0856―23―0990。

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ