観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

出雲新路線が好調 FDAの静岡、仙台便

春に就航 目標上回る搭乗率も

フジドリームエアラインズ(FDA)が今年春に就航した出雲―静岡便、出雲―仙台便のいずれも搭乗率が好調だ。「地方と地方を結ぶ架け橋になる」とFDAが標ぼうする通り、山陰と東海、山陰と東北が交流する機会を創出することにつながっている。

出雲―静岡は3月25日に就航。76席または84席のエンブラエル機が毎日1往復している。4月およびゴールデンウィークは9割近い搭乗率を記録。これまで鉄道利用で6時間以上かかっていた山陰と静岡をFDAは約70分で結んでいる。静岡県の旅行会社の反応もよく旅行商品化に結びついている。

出雲―仙台は4月20日から運航。山陰の空港で仙台便は初めて。76席のエンブラエル機を使用し、両空港を約1時間半で結ぶ。1日1往復。FDAは年間約4万人の搭乗者数で、搭乗率65%を目標に掲げているが、予約段階では6月まで7割を上回っている。

FDA仙台空港支店の柿下央支店長は「相互交流が進み、複数便が運航できるようにしたいですね。定員がちょうどバス2台分なので旅行会社のチャーターにも使っていただきやすいと思っています」と話している。

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ