観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

JTB「日本の旬」も山陰が舞台 9月まで実施中

中国5件の“五つ星” 着地型プランで伝える

山陰DCの期間中、もうひとつの大型キャンペーンが展開されている。それがJTBの国内旅行キャンペーン「日本の旬」。4月から始まった2018年上期の舞台が「瀬戸内・山陰」であり9月まで、日本海と瀬戸内海、歴史的な町並み、食などエリア内の様々な魅力をテーマに個人、団体、訪日旅行の商品企画をラインナップした。

日本の旬は国内旅行活性化に向けた全社キャンペーン。観光インフラ整備や着地型旅行商品を造成し、地域への送客と活性化につなげることを目的としている。

瀬戸内、山陰エリアで展開するのは02年、12年以来3回目。JTBが一社化して初の日本の旬の舞台に選ばれ、販売額87億4千万円、宿泊人数72万2千人泊と前年同期比10%増を目標に取り組みを進めている。

キャッチフレーズは「ふたつの海と、心地のいい旅舞台。“海、山、街、食、歴史、ここで過ごす時間が五つ星”」。各県で目玉となる着地型プランを造成し、島根県で6月に世界遺産石見銀山「福石場」探検ツアー、7―8月に夜景と抹茶が楽しめる国宝松江城夜間貸切プラン、鳥取県で9月まで鳥取砂丘謎解きゲームを設定した。

個人旅行のエースJTBでは、島根と広島、岡山と鳥取、鳥取と島根など瀬戸内と山陰の南北、東西の交流軸を定着させようと周遊クーポンを作成。ご当地スイーツグランプリと銘打って2県以上の周遊客を対象に無料でスイーツを味わえるクーポン、大山で自然を楽しむクーポンも用意した。団体旅行では、鳥取砂丘でのチームビルディング、サントリー奥大山ぶなの森天然水工場の見学などを提案している。

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ