観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

オールしまねで誘客 観光施設や旅館ら官民参画

観光情報を共有化

島根県で官民連携の「チームしまね」が活動している。島根県観光施設協議会(片寄良一事務局長)と松江しんじ湖温泉旅館協議会(植田祐市会長)と玉造温泉旅館協同組合(堀江吉事務局長)の民間団体を中心に県、県内市町が一堂に会し、観光情報を共有化。国内外から観光客誘致へつなげるのが目的だ。

松江市内で4月16日に行われた第8回会合には約80人が参加。インバウンド誘致など2018年度の県および松江市の観光施策、山陰DCなど目前に控えた大型イベントといったテーマで行政の担当者が説明、情報交換を行った。

片寄事務局長は「島根の誘客に一丸となって取り組むための決起大会です」。

チームしまね

気勢を上げる「チームしまね」の皆さん

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ