観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

世界が認めた日本庭園をめぐる 米国専門誌のトップ50に島根県から7件

15連覇・足立美術館や旅館、寺院がランクイン

島根県は日本庭園の愛好家の聖地―。そう評するのは米国の庭園専門誌だ。同誌が毎年発行する日本庭園ランキングの2017年版でトップ50に島根県から7件が選出されていることが理由。15連覇を果たした安来市の足立美術館を筆頭に、世界の人々の心を魅了する庭園美の世界を求めて島根をめぐりたい。

ランキングを発行する庭園専門誌は「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」。日本全国900カ所以上の日本庭園を世界各国の専門家が調査し、選出している。

ランキングでは15年連続で足立美術館を1位に選んでおり、同館を「日本庭園のスーパースター」と評価。愛好家なら同館の鑑賞のために島根県を訪れるべきと提言しているほどだ。

同館の日本庭園は約5万坪の広大な敷地に、枯山水庭や日本画家・横山大観の作品がモチーフの「白砂清松庭」など6つの庭で構成。熟練の庭師らが毎朝手入れし、四季折々の自然美を造り上げている。

ランキングのトップ50には京都府が12件入り、都道府県別でトップだが、足立美術館も含め7件が選出された島根県がこれに続く。5位に佳翠苑皆美(玉造温泉)、13位に皆美館(同)、30位に長楽園(同)、32位に平田本陣記念館(出雲市)、41位に由志園(松江市)、43位に康国寺(出雲市)がランクイン。美術館から旅館、寺院まで選定されており、島根県では幅の広い庭園観光が楽しめる。

佳翠苑皆美

玉造・佳翠苑皆美の庭園は5位に。
客室から美しい眺めを一望できる

山陰島根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編 記事一覧
ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
今すぐにでも出たくなる旅 最新
静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

目に鮮やか心穏やか富山立山黒部

いよいよ春本番、雪深い富山県・立山黒部でも本格的な観光シーズンが到来する。その幕開けは山岳観...

島根安来人に会いに行こう

島根県最東部に位置する安来(やすぎ)市。山陰随一の汽水湖・中海と、緑豊かな中国山地に挟まれた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ