観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

奈良県桜井市・長谷寺を着物で拝す(1) 国宝本堂はじめ文化財の宝庫

奈良県桜井市の名刹・長谷寺。桜、あじさい、紅葉、牡丹など四季折々の花を楽しめることから「花の御寺」として知られる。国宝の本堂をはじめ、室町時代に造立された本尊・十一面観世音菩薩立像など貴重な文化財の宝庫でもある。風情ある参道は料理屋や旅館、土産物店が軒を連ねる。和文化が凝縮した長谷寺一帯で、3月28日には着物で参拝、散策するイベントツアーも行われる。

和文化が凝縮した「花の御寺」

長谷寺の本堂は、小初瀬山中腹の断崖絶壁に懸造り(舞台造)されている。その舞台からは、境内や山々を一望できる。本尊の十一面観世音菩薩立像は約10メートルの像高があり、日本で最も大きな木造の仏像で、室町時代に造立されたもの。

長谷寺

長谷寺の遠景。山腹の大きな建物が国宝の本堂。
堂内に木造としては異例の高さ10メートルのご本尊が

本堂にはほかにも雨宝童子立像、難陀龍王立像など数多くの寺宝が祀られている。また、江戸初期に長谷寺造営に深く関わった徳川将軍家ゆかりのものも。初代徳川家康から14代家茂までの位牌が安置されており、将軍家14代が一堂にまとまって残っているのは珍しく、貴重なものとされている。

長谷寺

小初瀬山中腹の断崖絶壁にせり出す舞台。
眺望がいい

総檜造りの本坊は奈良県指定有形文化財に登録され、登廊(のぼりろう)や総門(仁王門)は国指定の重要文化財。歴史的価値が高い建造物も多く見どころだ。

長谷寺

長谷寺のシンボル的な存在の登廊

(次の記事)奈良県桜井市・長谷寺を着物で拝す(2) 個性豊かな老舗並ぶ参道

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ