観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

長野駒ヶ根・秋冬のおすすめ(3) 日本一標高の高いカフェ

雪解け水やこだわり食材

「日本一標高の高いカフェで雪解け水で淹れたコーヒーと地元食材を味わう場所」というコンセプトで7月1日、ホテル千畳敷に「2612Cafe」がリニューアルオープンした。眼前の中央アルプスと南アルプスを望みながら贅沢なカフェタイムが楽しめる。

2612Cafe

今年7月1日にオープンした2612Cafe

今年開業50周年を迎えた中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイが開設した。提供するコーヒーは、地下約20メートルの水源地から汲み上げる中央アルプスの雪解け水を使用。異なる銘柄のブラジル産コーヒー豆を天日乾燥のみの伝統製法で極深煎りに焼き上げた「2612オリジナルブレンド豆」を注文後に挽く。しっかりとした苦味と柔らかな口当たりが自慢のこだわりの「2612プレミアムコーヒー」だ。苦味を抑え、コーヒー本来のうま味が楽しめる「水出しコーヒー」もある。

コーヒー以外にもこだわりの品をそろえた。長野県水産試験場が10年をかけ、ニジマスとブラウントラウトを交配し開発した「信州サーモン」は、肉のきめが細かく、肉厚で、豊かな味わいと美味みが特徴。甘くて濃厚なソフトクリームは、山麓の駒ヶ根高原すずらんハウスで製造されたもので、カフェで提供する高原ハムやウィンナー、粗挽きフランクも同ハウスで作られたものだ。

2612cafe

ドリンクとフードのセット

また、地元産の「信州産100%ジュース」や「巨峰ジュース」、長野県と岐阜県の契約農家から仕入れた、真っ赤に熟れた桃太郎トマトだけを使用した「トマトジュース」なども2612Cafeの自慢の逸品。

価格は2612プレミアムコーヒーが450円、プレミアム信州サーモンのクロワッサン700円、高原ソフトクリーム350円、りんごジュース450円など。ドリンクとフードのセットメニューもある。

2612Cafeは、ホテル千畳敷の耐震改修工事に伴い、従来の喫茶軽食コーナーをリニューアル。オープンから1カ月半で4千人あまりが利用、好評を得ている。

(前の記事)長野駒ヶ根・秋冬のおすすめ(2) 厳冬期の中央アルプス体感・ホテル千畳敷プラン

長野駒ヶ根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ