観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

農泊核に観光交流を推進・京都府笠置町(3) 四季折々に笠置の食

猪肉カレー名物化へ試作

春の山菜、夏のアユ、秋のキノコ、冬のジビエなど四季を通じて特色ある食が楽しめる笠置町。最近は特にジビエ料理に注目が集まっている。

ジビエの代表格はキジ。笠置山の山頂近くに建つ自遊宿 料理旅館松本亭は名物の「きじ鍋」が第3回全国ご当地鍋フェスタ「鍋―1グランプリ」で優勝した。キジ肉は脂身が少なく、あっさりとした味わい。鶏肉と比べてタンパク質が多く脂肪分が少ない上、カロリーも半分ほど。健康食としても好評だ。

一方、いま開発中なのが、イノシシ肉の料理。脂身があっさりとして独特の甘さで人気のジビエ代表格でもある猪肉を農泊の売りにしようとメニューづくりに取り組む。

3月下旬には、笠置駅のカフェ「STATION!!」でジビエカレーライスの試作・試食会が行われた。三重県いなべ市で農家レストランなどを手掛けている北村光弘さんを講師に迎えて、猪肉を使ったカレーライスをつくった。町内の観光、農泊関係者がレシピを学び全員で試食。とても美味しいと好評だった。

猪肉カレー

参加者に好評だった猪肉カレー

参加者の一人は「年間10万人近くが利用している笠置キャンプ場の来場者にも笠置ならではのカレーとして販売できるのでは」と販路開拓に意欲を示していた。

(前の記事)農泊核に観光交流を推進・京都府笠置町(2) 楠山荘でワンストップ機能

京都笠置 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ