観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“直火”可の本格キャンプ場、ネスタリゾート神戸に開設 高まるキャンプ熱、需要堅調/兵庫

いまキャンプが熱い。密を避ける旅行スタイルとして、ファミリーやグループ、最近はソロキャンプも人気だ。書店にもキャンプ関連本が平積みされ、広く市民権を得たようだ。

そんな中、兵庫県三木市のネスタリゾート神戸に今年1月、フリーサイトの本格的なキャンプ場がオープンした。直火のたき火ができるなど、通常の管理キャンプ場では得られない体験が売り。1月下旬の週末に取材してきた。

ネスタリゾート神戸に新たにお目見えしたのは「星の広場」。日本初の大自然の冒険テーマパークを標ぼうする広さ約230万平方メートルの広大な敷地内の一角に位置する。

真冬の寒さのこの日、2組のキャンパーが星の広場にいた。

ソロキャンプをしていた60代の男性は「ネットでたまたま見かけて、初めて利用しています。薪が使い放題なのが嬉しいですし、人も少ないので一人で静かに過ごすことができて快適です」。サイト内の石や倒木を自由に使え、本格的なキャンプが楽しめるという。

ネスタリゾート神戸

自然のただ中にいる感覚で
キャンプが楽しめる星の広場

もう一組は、30代の男性3人組。定期的にキャンプを楽しむメンバーだが、彼らも「野営、直火の焚火ができると楽しみに来ました」。石で組んだ炉の上で、肉の塊を直火で豪快に焼いていて楽しそう。

ここは眺望が良く、夜にはサイト名の通り、満天の星空が楽しめる。サイト面積は約700平方メートルだが、1日あたりの利用をテント3張りに制限。自然に親しむ環境を守っている。料金は1サイト(テント1張り)1500円から。別に1人あたり2千円から。

ネスタリゾート神戸

夜は直火のたき火がうれしい

せっかくなので、同リゾートの既存の「ネイチャーキャンプフィールド」ものぞいてみた。星の広場と異なり、1区画がしっかり仕切られたオートキャンプ場。ここも真冬なのに、ずらりと車とテントが並んでいる。

ここに来るのは2回目という親子連れに話を聞いた。「ネスタリゾートは家族で楽しめるアクティビティが充実し、新しいものも次々オープンしていて新鮮です。お風呂もトイレもきれいだし、一つひとつ区画が区切られているので、子ども連れには利用しやすいですね」と話す。去年9月にサイト経由で予約し、その時点でこの日しかとれなかったそうだ。

ネイチャーキャンプフィールドは1区画6千円から。

神戸のまちなかから車で約1時間。この手軽さも手伝って、ネスタリゾート神戸のキャンプ熱はますます高まりそうだ。

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ